トシカツは有言実行をモットーとします
三つの基本理念を元に、島の経済振興に全力投球することをお約束します

基本理念 トシカツの基本政策

砂川利勝は、党利党略にとらわれない自由・中道の立場で、石垣市民と共に政策実現に取り組みます。

対話で創る島づくり
市民を中心に、議会や市役所職員との対話を重視し、対話を基礎にした島づくりに取り組みます。
そのために、独断専行を厳に慎み、対話を尊重した市政運営を実現させます。


経済振興で均衡ある島の発展
石垣市南部の市街中心部の発展だけでなく、過疎化の進む北部地域や西部地域、市内中央部の農村地域などの経済振興に努め、均衡ある島の発展に努力します。
八重山の歴史を築き上げてきた先人たちが血のにじむ努力によって開拓した北部、西部過が、現在、深刻な過疎化にあえいでいます。
これらの集落に光を当て、さらに発展させて後世に繋いでいくため、集落団地の増設をはじめ、必要な場所については農振の見直しも進め、また、雇用創出のための拠点づくりなどの経済振興に意欲的に取り組み、均衡ある島の発展に努めます。


新庁舎設計の見直し
石垣空港跡地の新庁舎計画の予算は80億円超と試算されています。
最終的な石垣市の負担額は40億円を超え、これは必ず市の財政を圧迫し、私たち市民が長期間にわたってそれを返済しなければならなくなります。
また、現計画のとおり建設が進めば、庁舎の維持管理コストをはじめ、膨大な将来的コストはが必要となることも容易に予測されます。
このような高額予算を投じて新庁舎を建設する必要が果たしてあるでしょうか。私は、石垣市の身の丈に応じて建設費を縮小し、その分で子育て政策をはじめ、教育・福祉政策の充実を図り、将来7~9万人規模の人口を想定した新庁舎として、機能的で合理的な、利便性の良い新庁舎にすべきだと思います。
市民の皆様からお知恵を戴きながら、災害時などの防災拠点としても有効に機能する市民による、市民のための市役所建設を進めていきます。


自衛隊駐屯予定地の平得大俣(案)の白紙撤回
平得大俣地域における自衛隊配備計画については、周辺地域住民との対話もなく、地権者の賛成だけを根拠に進められ、地域の理解も合意も得られていません。
また、於茂登岳は石垣島の古よりの聖地であり、水の神様が祀られる祭りごとの中心地でもあります。そのふもとに自衛隊を配備するのはいかがという思いで、これを白紙に戻します。
石垣島における自衛隊配備計画については、しっかりとした地域との対話をもとに、地域住民の合意が得られる場所において推進していくべきです。

これが、次の石垣市を創る私の基本理念です。




【教育・福祉】
1.「子どもの貧困対策課(仮称)」を新設します
2.幼保連携の一部を見直します
3.土日・祝祭日保育を実施します
4.ひとり親家庭の生活支援対策を強化します
5.クラブ活動などの市外派遣費の助成事業を拡大します
6.八重山農林高等学校へ水産コースを新設することを推進します
7.学校給食費の完全無償化の実現に取り組みます
8.学校や市内の公共施設を再点検し、エアコンの設置や公園遊戯施設等の補修を実施し、子供たちが安心して教育を受けられる環境を整備し、市民が安全に憩い遊べる公園施設にします
9.障がい者の雇用支援体制を強化するとともに、そのケアーを推進します
10.高齢者福祉施設の増床を推進します


【行政・まちづくり】
1.市職員を適材適所へ配置し、市役所機構の大胆な統廃合を進め、無駄を省いた効率的な市役所を創り、市民が利用し易い市役所を実現します
2.「公共インフラ整備・行政政策調整室(仮称)」を新設します
3.市役所職員の意識改革を進め、全職員がまごころの市民サービスが出来るようにします
4.「市民との対話で創る夢プロジェクト」を推進します
5.介護施設・介護スタッフの人材を確保し、介護支援を充実させます
6.障がい者に対する多面的な支援体制を創ります
7.地方創生事業を活用した通り会を活性化させます
8.市街地に市営サッカー場及び屋内フットサル場を建設する計画を進めます
9.医療・教育・福祉従事者の住居を整備します
10.南ぬ島石垣空港や島内観光地の公衆トイレを整備します
11.港湾市営駐車場を拡張します
12.レジャー船の係留施設及び船揚げ場を増設整備します
13.新栄町旧船揚げ場の跡地利用法を早期に策定します
14.磯辺・開南地区に公民館を新設します
15.川平地域の児童公園を整備します


【広域圏】
1.老朽化したし尿処理場を整備します
2.石垣浄水場を拡張整備します
3.「八重山は一つ・共同プロジェク卜(仮称)」を創設し、竹富町・与那国町を含めたものの言える八重山を創ります


【観光推進】
1.ゴルフ場(チャンピオンコース)を官民一体となって早期に着工します
2.星空観測を利用したエコツーリズムを推進します
3.ダイビング・シュノーケリング・体験・滞在型の修学旅行の誘致を推進します
4.多目的スタジアムの建設に努力し、八重山伝統闘牛の観光化を図ります
5.石垣島全域でのWi-Fi網の拡充整備を進めます
6.スーパーヨット寄港を整備し、国際的観光地へのアビールをします
7.LCC (格安航空会社) のさらなる誘致へ取り組みます
8.多言語通訳の確保や育成支援を推進します


【観光・景観・文化】
1.「国立自然史博物館」の誘致を推進します
2.「エコアイランド石垣島」の実現を推進します
3.土地の用途変更などの規制緩和や必要に応じた農振農用地区域の変更などを通して民間活カが発揮しやすい環境を整えます
4.石垣市国土利用計画に沿ってリゾート開発地のゾーニングを進めます
5.公共下水道未整備地域における合併浄化槽の設置を促進します
6.赤土流出源対策として有機物利用による土壌健全化を推進します
7.市立博物館の早期移転と新設、展示物の見直しを進め市民も観光客も楽しく学べる施設とします


【水産】
1.「漁業従事者育成プラン(仮称)」を創設します
2.漁業協同組合施設を整備します
3.大型化する漁業船舶の揚げ場を整備します
4.外国人漁業研修生の受け入れを支援し強化します
5.造船保全修理(造船所)を建て替えて整備します
6.養殖事業の推進及び加工施設を新設します


【農林・畜産】
1.「新石垣島製糖工場(仮称)」を整備します
2.LED栽培施設・整備事業を推進します
3.八重山食肉センターのハサップ対応を推進し再整備します
4.畜産業・養豚農家の中核的担い手の育成事業を推進します
5.畜産基地の再整備を推進します
6.総合農産物加工施設を新設します
7.乳牛生産農家への支援を推進します




また、周辺環境整備として企業誘致をはじめ、アジアと隣接している地理的特異性や文化的親和性を活かして観光リゾート地としての整備振興を推進します。


交通・情報通信体系の拡充、地場産業の振興、生活環境の整備、医療環境の向上、人材の育成、観光・交通の振興、防災対策の強化など、総合的に離島振興策を推進します。
離島の持つ総合力発揮に向け、航路・航空路の運賃低減化に向けた新たな仕組みの構築を推進し、東アジア地域などと国際航空・海上ネットワークの形成に努めます。また、農林水産業の振興を図り、観光産業などとの連携強化、離島の魅力を発信するなど、地場産業の振興や雇用の場の創出を推進します。エコ、グリーン、ブルーなどのツーリズムの振興や癒しやスローライフなどのニーズに着目し、離島独自の取り組みを推進します。


八重山の将来像として、21世紀ビジョンの世界と交流し、ともに支えあう平和で豊かな"美ら島"八重山の創造を推進します。